« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

川越の骨董市へ☆

川越の骨董市へ☆
川越の骨董市へ☆
川越の骨董市へ☆
川越の骨董市へ☆
川越の骨董市へ☆
川越の骨董市へ☆
川越の骨董市へ☆
川越の骨董市へ☆


先週末は金曜日の人間ドックに始まり。。。
土曜日は川越の骨董市へ行ったり、日曜日はフリマを開いたりと
かなりハードな週末を過ごしちゃいましたhappy02

まずは土曜日の骨董市flair

まろママさんと以前一度だけ行ったことがあるんですが
毎月28日に開催されているこの成田山の骨董市では
着物や帯などの古着を扱うお店も多数出店しているので、
着付けを習っているまろママさんのお買い物手伝い&荷物係
として行ってきましたbleah今回の目的は帯ですgood

今回はもう一人、川越初めてというまろの妹もわざわざ群馬から
来たのでもちろん川越観光もバッチリ楽しんできたけどねheart01

まずは川越駅から乗った観光バスがいきなり超カワイイの~lovely
この日は骨董市が土曜日に重なったからかなりの人出で
バスも大混雑wobblysweat01 最初に乗ろうとしたバスはもう満員で次の
バスに乗せられるくらいでしたが、何とか無事に成田山に到着sign03

到着そうそう入り口付近に早速何かの行列発見eye

何か分からないけどとりあえず並んでみたらナント!
つきたてのお餅を1皿200円で売ってるじゃないですかぁlovely
しかも一口大にしてはかなり大きめのお餅が6こくらい入っていて
お味もあんこ餅とからみ餅の2種類shine
当然1皿ずつゲットするしかないですよねbleah

お餅を食べて腹ごしらえしてから人混みをかきわけて着物や帯を
物色していたら、ようやくお昼頃になっていい感じの帯を買えたので
そこから歩いて20分ほどのところにある蔵の街へ向かいますdash

蔵の街に向かう道中にも熊野神社(銭洗い弁財天)でお参りして
お金を洗ったり、大正浪漫夢通りを通りながら建物を見たりと
かなり見所満載でしたが、ようやく時の鐘のある通りまできたので
ここでようやくランチタイムで~すflair

今日のランチはパスタ系を希望してた妹のリクエストに応えて
まろが予めチェックしておいた『ライトニング カフェ』へrestaurant
こちらのお店では「酵素玄米ご飯」が有名ということで
結局パスタは食べなかったんですが、でもこれが大正解happy02
もちもちと噛みごたえのある赤いご飯は酵素という名のとおり
ちょっと変わった香りはするんだけど嫌な感じは全然なくて
すご~く美味しいし、まろのお弁当に入ってるおかずは
お野菜中心でとってもヘルシーな感じshine
妹のはワンプレートになっていてちょっとアジアンな辛さの
味付けの鶏肉のシチューがかかっていましたhappy01

大満足した私達は次の目的地である菓子屋横丁へgood

ここは昔ながらの製法でお煎餅や飴などを作り続けているお店が
たくさん並んでいるのであちこちからいい香りが漂いますheart04

さすがにランチ後でお腹がいっぱいだったからこのときは何も
食べられなかったけど、その後もまめ菓子専門店で試食したり、
珈琲専門店で美味しいコーヒーをいただいたりと、
とにかく一日中何かを食べていたような。。。
そんな一日でしたcoldsweats01

人間ドック!!!

今日はまろ人生初の人間ドックに行ってきましたflair

身体測定、血液検査、血圧、眼底検査、胃のレントゲン、
胸部レントゲン、腹部超音波、心電図、婦人科検診、
尿検査、便検査、などなどかなりたくさんの検査を受けたので、
朝8時半に始まったのに結局全てが終わり解放されたら
もうお昼の12時半でしたbearing
さすがに疲れたなぁ。。。shock

昨日の夜、8時頃に軽いお夕飯を食べてからは飲まず食わずで
ずっとここまできているのでお腹は減ってるはずなんですが、
何と言っても、人生初のバリウムを飲んだので
胃にかなりの違和感を感じててちょっとお昼ご飯なんて
食べられないなぁsadと思ってたら。。。

なんとsign03病院からのサービスとして全国グルメカード1000円分を
プレゼントしてくれましたshine
これを使ってお隣のココスさんでランチでも食べて
十分に休んでから帰って下さいねnoteですってhappy02超ラッキーheart04

そんなすごく良心的な病院と親切な担当者の方のお陰で
まろの人生初の人間ドックは無事に終わり、
あとは結果が届くのを待つだけですup

検査結果が届くまでに1ヶ月半くらいはかかるらしいので
来年1月の中頃には届くと思いますが、これを機に
食生活や運動など体調管理にはさらに気をつけるようにして
健康的な生活を送るようにしなくちゃねgood

これからの年末年始はクリスマスやお正月などなど目白押しで
どうしても暴飲暴食しがちなので、食生活を見直す
いいきっかけになりましたhappy01scissors
みなさんは人間ドック受けたことありますかぁ???


パソコンが死亡しました。。。

昨日、何気な~くいつものようにパソコンを起動したら
最初の画面に見慣れないウインドウが出ていて
「ウイルスを確認しました!」みたいなことが書いてあり、
気がついたら画面が暗転し、さらにパソコンが勝手に
再起動みたいなことをやり始めましたshock

が、その後何度も何度も同じことを繰り返していて
結局再起動されることはなく、まろも何度か強制終了をしてから
立ち上げようとしましたが、全く反応なしcrying

すぐにパソコンのサポートセンターに電話して症状を説明し、
様々な方法でパソコンを立ち上げようとしましたが、結局、
サポーターさんの奥の手をすべて使っても起動できず、
ついにはパソコンを初期化するしかないとのお答えが。。。
つまり死亡宣告ですwobbly

あーーーーーどうしてこんなことにcryingcryingcryingcryingcrying
たぶんウイルスですdespair
いや、絶対そうに決まってるよangry

ウイルス対策はNORTONを今までずっと利用していましたが、
結局、毎年毎年お金を支払ってウイルス対策していたって
感染するときは感染するし、場合によってはこんな風に
突然死亡するなんてこともあるんだから本当に恐ろしいですねwobbly

まろのパソコンなんてそんなにたいしたものは入っていないけど
一番残念なのはデジカメの写真データですかねweep
バックアップしてないものも多々あったりしたので。。。sweat02

サポートセンターの方から紹介された「AOS」という会社で
パソコンを調べてもらって、もし可能ならデータを取り出してもらう
という方向で今必要書類を送ってもらってるんですが、
平均で約6万円~12万円の費用がかかるということで
正直ちょっとひいてしまいましたshock

パソコン自体は初期化すればすぐにでも使えるようになるので
とくに問題はないんですが、インターネット接続などの情報も
全て消えてしまうのでそれも全部最初からやり直しですdash
まろは7月にインターネット環境を変えたばかりだったので
またかよーーーーーって感じですが、仕方ないですねbearing

はぁ~それにしても恐るべきウイルスbomb
みなさんも見慣れないウインドウが出てきたら
十分に気をつけて下さいねcoldsweats02
それからデータのバックアップはこまめにやるのが一番ですpunch
分かってはいるんだけど、なかなかねぇ。。。。。。。。。。






揺れる想い。。。

揺れる想い。。。

まろが結婚9年目なのに子供がいないことはこのブログを
読んでくれてるほぼ全員が既に知ってることだけど、
まろがそのことをどういう風に受けとめてるかは
実はあまり公にしてないですよねぇthink

タイトルにも書いた通り、その心中は常に揺れ動いていて
なかなか定まらないというのが実情なんですが、
今日は最近影響を受けた本を紹介しながら
そのことについてちょっと触れてみたいと思いますflair

古本屋さんで偶然見つけた
この単行本『ブレッシング(Mixed Blessings)』は、
理由はそれぞれ違うものの不妊の問題を抱えた
3組の夫婦が主人公になっていて、
オムニバス形式で3つのストーリーが進む小説ですhappy01

1組目は20代後半の美男美女カップルで共働き。
妻は自分の姉や妹にたくさん子供(各3人ずつ)ができたから
自分もすぐにでも妊娠をと切に願っていたけどなかなか授からず、
様々な検査の結果、実は子供が出来ない体であることが分かる。
離婚の危機などいろいろな問題を乗り越え、最終的には
生まれたばかりの赤ちゃんを養子にもらう。
幸せいっぱいでその子を育てていると、
なぜか自分自身も妊娠したことが分かり、
9ヶ月違いの子供をさらに授かるというかなりハッピーな話heart04

2組目は孤児院で育ち寂しい幼少期を送った
見た目はあまりよくない夫と、
派手な容姿の女優志望の妻のカップル。
こちらは逆に夫の方が子供を欲しがり妻はいらないという
パターンだけどなかなか授からず、検査を受けてみると
ナントその彼自身の問題で子供を授かることが出来ない
ということが分かる。
いろいろあったけど結局妻は女優の夢を捨てられずに
二人は離婚してしまう。
その後夫は子連れ(女の子)のバツイチ女性と知り合い
二人は結婚し、さらに夫の願い通り男の子の養子も
もらうという話note

そして3組目は夫61歳、妻42歳の高齢カップル。
妻の方が結婚に全く興味がなく13年間もお付き合いしていたが、
仕事上の問題が生じてついにゴールインした。
夫には死別した前妻との間に子供が二人いて、お付き合いの
最初の頃は反発とかいろいろあったけど、そんな子供達も
今ではすっかり大人になり、上の女の子は結婚して妊娠する。
しかし、その話を聞いた妻は突然、自分もすごく子供を欲しいと
いうことに気が付き、夫と共に不妊治療を始め、ようやく待望の
赤ちゃんを授かるが妊娠中期に流産。
ひどい喪失感で打ちのめされていたが夫の励ましのお陰で
治療を再開し、今度は双子の赤ちゃん(男の子&女の子)を
授かり、なんとか出産までこぎつける。
ところが双子のうち男の子の方はとっても元気だったのに
女の子の方は生まれて直後に亡くなるという結末に。。。

ちょうどダーリン様が出張でいなかった3日間で
一気に読破してしまったんですが、内容が内容だけに
とにかく泣きどころ満載で1人で泣きまくりましたよcrying

でもなぜかちょっと吹っ切れたんですよねぇcoldsweats01

もちろんまろだってダーリン様とまろの遺伝子を持ったかわいい
赤ちゃんが欲しいとは思うけど、自然にできないなら仕方ないし、
無理やりに不妊治療などで子供を作りたいと思うほどは子供は
欲しくないという思いで今まで来ちゃったんですが、
それでも未だに気がかりなのは、いつか歳をとってダーリン様が
先に死んじゃったときに、子供がいなかったらきっとすごく
淋しいだろなぁってことだったんですshock

でも、それを言うなら、もし子供を授かったとしてもその子供が
自分より先に死んじゃうことだってあるんですよねぇ。。。weep
今回この本を読んで初めて気がつきましたbearing
そんなこと考えもしなかったですsweat02

この本の原書は1992年にアメリカで出版されてるんですが、
17年も前の情報とはとても思えないほど不妊治療に関する情報が
満載で、不妊治療先進国のアメリカならではの選択肢の多さに
正直驚かされましたcoldsweats02

日本では法律上タブーな代理母も普通に出てくるし、
日本ではあまり活発でない養子縁組みも当たり前のように
行われていて、なんだか少し肩の荷が下りたような気分lovely

うちのダーリン様は以前から、「いよいよダメなら養子でも
いいと思うし、自然に任せて待ってればいいよ」と
言ってくれていたんですが、今回改めてその言葉を
噛みしめて考えさせられてしまったまろでしたheart02

お勉強の秋です( ◎-◎)b

お勉強の秋です(<br />
 ◎-◎;)b

先日のバリ島旅行のときに買ってきた英字雑誌を読んで
今日は英語のお勉強をしましたぁhappy01scissors

英字雑誌は日本でも買えなくはないんですが
輸入ものなのでビックリするくらいすごく高いんですよねぇcoldsweats01
なので、まろは英語圏の国に行くときには必ず週刊誌や
本などをお土産として何冊か買ってくるようにしていますflair

バリ島はオージーの観光客が多いから、彼らのために
オーストラリアの雑誌がたくさん置いてあるので、
今回は、まろがオーストラリアに住んでいたときによく読んでいた
Woman's Day』2冊と『New Idea』1冊を
ゲットしてきましたsign03

ちなみに『Woman's Day』はオーストラリアのテレビ局
チャンネル9(ナイン)の雑誌、
New Idea』はチャンネル7(セブン)の雑誌なので、
いわゆるアメリカのハリウッドスター達の話題だけではなく
オーストラリアのテレビで活躍している俳優や歌手なども
紹介されているのが特徴ですbleah

ほかにも気をつけたいのが、アメリカの雑誌と違ってこれらは
イギリス英語になっているということflair

オーストラリアの国旗をよーく見てもらえれば分かるんですが、
左上にイギリスの国旗が小さく入っているのに気づいてましたか?
もともとイギリスの植民地として始まったオーストラリアは
1901年に正式にイギリスから独立してはいるものの、
現在もイギリスの女王エリザベス2世を国家の頂点としていて
その下に首相がいますeye
かなり距離が離れているのになんだか不思議ですよねぇshine

実際、オーストラリアドルの全ての硬貨の表には
エリザベス2世の肖像が使われているし、
まろが今回購入してきた雑誌にもイギリス王室の話題は
いろいろ載っていましたよhappy02

英字新聞ではなかなか読みづらい英語の長文ですが、
週刊誌に載っているような話題は興味があるからか
信じられないくらいすんなりと読めるし、
実際にインターナショナルな芸能ネタなどを
読むのはすごく楽しいですからね~lovely

英語をお勉強しているみなさん、
もしよかったらお試しくださいね~heart04

キエフバレエ鑑賞♪

今夜はまろの人生で初めてのバレエ鑑賞で
超感激してきちゃいましたぁheart01heart01heart01

大宮ソニックシティでキエフバレエの『くるみ割り人形』を
観たんですが、S席のチケットだったので12列目のステージに
向かって真ん中より少し左側の座席をゲットflair
実際にはステージ下のオーケストラのために前から6列目まで
取り払ってあったのでかなり近い感じでホントにラッキーheart04

会場は思ったよりも空いていたのが残念でしたが、
そんなのはまるで関係ないかのような素晴らしいオーケストラの
生演奏と、目を見張るような素晴らしいダンサー達の踊りに
まろもまろママもすっかり感動ですhappy02

主役のダンサー達はもちろん最高に素敵なんですが、
それ以外にも最高レベルの技術を持ったダンサー達が
たくさん揃っていて、その踊りは本当に驚きの連続lovely

バレエを何年かかじってるまろにはすごーくよくわかるんですが、
プロのバレリーナって本当にすごいんですsign03sign03sign03

とくに女性はあんなに華奢な体つきなのにどうしてーsign02って
いうくらいパワーがあるし、バランスや跳躍力、そして柔軟性など
その全てが全部揃っていないとトップにはなれないので
これはもう日々の努力のたまものなんでしょうねぇdash
バレリーナは練習を1日でも休むと取り戻すのに数日かかるって
話を聞いたことがあるし、まろみたいに週1回なんてペースで
やっていてはやはり上達するのは難しいのかもbearing

まるで空中に見えない糸でつながれているかのように
バランスを全く崩さずに何回転も何回転も回ったり出来るのは
本当にどうしてなんでしょうかwobbly
まろは回転系がとっても苦手なので、たとえ1回転でもいいから
あんな風に綺麗に回れたらどんなに気分がいいだろうかと
羨ましいかぎりでしたよweep

さてさて、話は全然変わりますが、
今日はもう1つ忘れてはいけないことがありますよねhappy01
そうですflair今日はボジョレー・ヌーボーの解禁日で~すwine

今年は50年に1度の当たり年とも言われるくらい
とってもいい出来だという噂だったので、
まろもバレエ鑑賞の前にデパートに寄り、
何種類か試飲してから購入してみましたshine

おつまみ用にローストビーフのサラダなども一緒に買って
帰宅後にダーリン様とカンパ~イshinewinewineshine

キエフバレエ鑑賞♪

今日は本当に最高の夜を過ごして
なんだかとってもいい夢を見られそうだわぁhappy02

バリ島旅行記最終日☆

さあ、いよいよ最終日で~すhappy02

今日の夕方6時までには荷物を全てパッキングしてチェックアウト
しなければならないので、朝10時の開店とともにデパートに
行けるように最後の朝ごはんもきっちり食べて準備万端punch

私達がいつもお土産を買ったりするのに利用しているのは
クタの一番の繁華街クタスクエアにある
マタハリ」というデパートflair

こちらは現地の方も利用しているデパートなので洋服や靴なども
全て現地価格で、初めて行く人にはかなり驚きかもcoldsweats01
しかもバリはちょうど雨期だったので、常夏の国にしてはめずらしく
長袖Tシャツやセーター、ジャケットなどの上着も置いてあり、
お土産として家族に買ってあげるにはちょうどいい感じnote

早速まろもダーリン様にグレーのボーダー柄のセーターをゲットし、
まろママさんもまろの妹達用にそれぞれ良さそうなパーカーなどの
上着をゲットし満足満足happy01

ところでまろパパさんはどうしていたかというと。。。

Pb080594 Pb080593

答えはこちらflair

そうです、
ドクターフィッシュですfish



たまたまマタハリデパートの入り口のところでやっていて、
料金も30分100,000ルピア(約1000円ほど)だったので
「暇つぶしにちょうどいい」とまろパパさんも足を入れると。。。eye

あらまぁ、ビックリsign03よっぽどお腹が減っているのかなんなのか
ものすごい勢いでまろパパさんの足に群がってきて、
みるみるうちに足の周辺が黒くなるほどfishfishfishfishfishfishfishfish

まろも以前、日本でドクターフィッシュの水槽に
手だけ入れてみたことがあったけど、
こんなにたくさんお魚さん寄ってこなかったよぉcoldsweats01
とにかくものすごい光景で、まわりにいる観光客の人達が
「Oh, my god...」なんて言ってましたwinkハハハ

お買い物もひと段落したのでバリ島最後のランチタイムrestaurant
朝ごはんをしっかり食べたせいかあまりお腹が空いてなくて
サンドウィッチでも食べようとマタハリの並びにあるカフェへcafe
ここは以前バリに来たときにも何度か利用してるんですが、
雰囲気もいいし、立地もいいし、コーヒーも美味しいしで
なかなかいいところですgood

コーヒーやサンドウィッチ類の料金設定がちょうど日本の
スタバくらいなので、3人で約2000円くらいのランチflair
日本にいたら当たり前の金額でも、バリの食堂での食事に
慣れてしまったまろには戸惑いの金額で、
支払いのときにお札間違えちゃったけどね。。。coldsweats01

Pb080595 Pb080596






ランチを簡単に済ませてからもまだしばらく時間があったので
ぶらぶら歩きながらホテルへ戻ることにしましたnote
ホテルへと続く小道を入っていくと、例の民族楽器の音色が
ものすごい大音量で聞こえてきたので、音のする建物の中を
のぞいていると、男の人が出てきて、中に入っていいよという
感じで手招きしてくれたので中に入ってみました。

クーラーもない、大きな体育館のような建物の中のステージ上で
演奏しているのは小学低学年から高学年の子供達で
中はかなり暑いと思うけど、みんな一生懸命に練習していて
まろはちょっと感動してしまいましたshine
あとで先ほどの男性に英語で話しかけてみると、この建物は
お寺で週末は子供達が練習に使っているんだとのことでした。

Pb080599 Pb080600

みんなえらいねぇhappy02







早めにホテルに戻ったので午後5時くらいにはチェックアウトを
済ませることができましたbleah
スーツケースをフロントに預けて、お迎えが来る夜10時までの
数時間はフリータイムなので私達は最後お出掛けへ。。。

タクシーを拾えるところまでぶらぶら歩いていると道端に
子犬ちゃん達を発見eye

Pb080601
どうやら兄弟みたいで二匹並んで
こちらを見ながら一生懸命吠えてましたbleah



タクシーをひろっていつもの食堂「FAJAR」のあるポピーズ2の
通りに向かってもらったんですが、夕方の渋滞にハマってしまい
海岸通りのところまで来るのにかなりのタイムロスbearing

ちょうどクタビーチの入り口あたりでまた止まってしまったので
せっかくだからビーチでも少し眺めていこうかってことで
タクシーを降りてビーチへ歩いていくと、ちょうどタイミングよく
日が沈み始めてとってもいい雰囲気に。。。shine

Pb080606_2 Pb080608
Pb080609






Pb080610 Pb080611






写真ではわかりづらいかもしれないけど、日没を見るために
ビーチにはかなりたくさんの観光客がいましたhappy02

日没のほんのわずかな時間帯にたまたまビーチのそばを
私達が通りがかったのはものすごい偶然だったし、
今回のバリ島旅行のいい思い出がまた一つ増えたのは
言うまでもないですねheart01

ぜひみなさんもこんな素敵なバリ島へ
一度行ってみて下さいupupup
そしてまろやまろママさんのようにハマッちゃいましょうgood












バリ島旅行記3日目☆

早くもバリ島滞在3日目で~すflair

今日の午前中は両親とまろが別行動になりますsign03

というのも、前回のバリ旅行のときに初めて挑戦した
ラクダ乗り」をまろママさんがすっかり気に入ってしまい、
まろパパさんとぜひ一緒に行きたいというので、まろは遠慮して
2人分だけをインターネットで予約しておいたんですlovely
2人のお迎えは朝9時半だったのでそれに間に合うように
朝食を食べて二人を送り出しましたgood

こちらではラクダに乗る前にガイドさんがカメラを預かってくれて
写真を大量に撮ってくれますhappy02
ニッコーホテルバリの敷地内にあるプライベートビーチを
ラクダにのって休憩所まで散策し、そこで飲み物を飲みながら
一休みしたりラクダにえさをあげたりして、それからホテルに戻る
だけのほんの1時間ほどの短いツアーなんですが、
このニッコーホテルバリの素晴らしい施設やプライベートビーチの
美しさは本当に感動ものなんですよheart04

Pb070553_2 Pb070554
Pb070562





ラブラブ新婚モードのまろママ&まろパパさんheart02

Pb070568 Pb070571
Pb070572





そのころまろはどうしていたかというと。。。

2人を送り出した後、まろはタクシーをつかまえて
カルティカショッピングプラザ」へcardash
実はここで2人と落ち合えるようにラクダのツアー会社の方に
お願いしてあったので、それまでの2時間ほどは一人でのんびり
ショッピングというわけですnote

この「カルティカショッピングプラザ」は中に
SOGOデパート」も出店しているくらいかなり大きな
デパートで、まろとまろママさんはバリに行くと必ずここに来て
入り口付近にある美味しいパン屋さんでパンを買ったり、
2階でお洋服や靴などを買ったりしていますhappy01
とくに女性用の洋服や靴は日本のデパート並みの品揃えで
お値段もお手頃なので気軽にお買い物できますよflair

Pb070576 Pb070579
Pb070580





デパート内のフードコートでランチを簡単に済ませてから
タクシーでホテルに戻りますcardash
今日の午後はいよいよホテルのプールですよ~lovely

Pb070584 Pb070586 

Pb070587





写真には写っていませんが、実はこのときプールは結構
混んでいて、私達が来たときには2~3人が泳いでいましたflair
みんなそれなりの年齢のおじさん達ですが、それぞれが一人で
来ている長期滞在者で、共通語である英語を話していました。
その中の一人はかなりアクセントがきつかったのでどこの人かと
たずねてみたら、なんとオーストラリア人wobbly
西オーストラリア州のパースから2200km以上も北にある
ブルーム(BROOME)という土地の方だそうですが、
こんなに方言のきついオーストラリア人っているんだなぁと
改めて感心してしまうほどcoldsweats01
ま、その人からしてみれば私の英語の方こそ日本語訛りきつい
英語ってことになるんでしょうけどね。。。

夕方が近づいて少し暗くなってきたし、お腹も減ってきたので
私達はホテルのすぐ横にある食堂でナシチャンプルを
テイクアウトをすることにしましたrestaurant

Pb070588_2 ナシチャンプルとは
ナシ(ご飯)チャンプル(ごちゃまぜ)という意味で、
ショーケースの中に並んでいるおかずの中から
自分の好きなものを注文しご飯と一緒に
食べるというものですflair

現地の人達はみんなほとんど1日3食これを食べているんじゃ
ないかと思うくらいかなりメジャーな食事で、しかも激安happy02
さらにホテルの向かい側にあるチキンンサテ(焼き鳥)のお店でも
テイクアウトして、プールサイドのソファー席でお食事ですsign03

Pb070590_2 Pb070589
Pb070591









さて、明日はいよいよ最終日ですpunch
家族へのお土産もまだほとんど買っていないし、
明日はショッピングに明け暮れてしまいそうだな。。。bleah

紅葉を見に行こうよ~♪

紅葉を見に行こうよ〜♪
紅葉を見に行こうよ〜♪
紅葉を見に行こうよ〜♪
紅葉を見に行こうよ〜♪

今日はダーリン様がお休みだったので久々のおデートheart04

埼玉の紅葉スポットでどこかいいとこないかな?って
先週バレエクラスで聞いてみたところ、クラスメイトが
教えてくれたのが『国営武蔵丘陵森林公園』というところで、
その翌日偶然にもその森林公園の広告が入ったので
早速行ってきましたよ~cardashdash

東松山インターからほど近いところにあるこちらの公園は
ちょうど先日から紅葉が見頃を迎えていて、午後4時半からは
ライトアップもやっていますshinemapleshine

森林公園はさすがは国営だけあってハンパない広さなんですが、
今回はきれいな紅葉をどうしても見たかったので、
中央口から入園して「カエデ見本園maple」を目指しま~すhappy02

入園して歩いていると園内のあちこちに現れるのが
こちらのこびとちゃん達heart01heart01heart01
もう可愛くて可愛くて写真をたくさん撮っちゃったよ~lovely
こういうのってホント癒されちゃうよねぇ~heart04なんて言いながら
大喜びで写真を撮りまくってたら、カエデ見本園に到着flair

何気なくゲートをくぐって行ってみたらあらビックリhappy02
それはもう見事に色づいたカエデが70種類以上約500本も
植えてあって、その景色にまろは超感激ですsign03sign03

あちらこちらで本格的な一眼レフのカメラを手にしたおじ様達が
ベストポジションを見つけてはシャッターを切っているので、
まろも負けじとまたまた写真を撮りまくりでしたcoldsweats01

春のお花見や秋の紅葉などの四季の移り変わりを味わったとき
いつも思うことなんですが、これほどまでにハッキリとした
春夏秋冬がある日本って本当に素晴らしいですよねぇshine

こちらの森林公園の紅葉ライトアップは
12月6日までやっているそうなので、
開催中にもう一度今度は夕方辺りに来てみたいなぁ。
などと企んでいるまろでしたbleah

バリ島旅行記2日目☆(後半)

豚の丸焼きですっかり満腹になった私達は、今日の一番のイベント
であるエステに向かいます。

疲れたら途中でタクシーを拾えばいいよねnoteなんて言いながら
てくてく歩いていたんですが、なかなかブルーバードのタクシーが
通りかかる気配がなく、結局、サロンの近くまで来ちゃいましたsweat01

まろはこの暑さに慣れているのであまり疲れていなかったけど、
まろママさんとまろパパさんはすっかり消耗していたので、
近くにある「チャンティ」というカフェで一休みすることにcafecake

ここは前から行きたいと思っていたカフェでバリのカフェにしては
かなりのお値段設定だけど、それなりのものが食べられるし、
アイスカフェラテもとっても美味しくて満足満足lovely

Pb060522 Pb060520
Pb060517









今回はネットでかなり評判のいい「ジェラティック」というサロンに
2時半に予約を入れておいたのですがここホントにすごいんですsign03
なんと言ってもその価格設定には驚きですよlovely
詳細はぜひサイトでチェックしてみてくださいませheart02

http://www.jelatikesthetic.com/jp.default.asp

まろとまろママさんは今回ボディラップに初挑戦shine
エッセンシャルオイルをブレンドしたクレイ(土の粉末)で体を
パックしてから、バナナの葉と毛布で包まれるというもの。
1時間半のコースなのでその間まろパパさんもマッサージを
1時間半お願いして3人ともすっかり体が軽くなった感じheart04

これだけの内容で私達は一人1750円、まろパパさんは
なんと1350円ですよeyeアンビリーバボーですよねぇ~happy02

予定の2時半よりもかなり早く1時半頃着いてしまったにも
かかわらず、スタッフの人たちはとても丁寧にやさしく
対応してくれたし、ここは絶対におススメですshine
いつかウブドに滞在することがあったらここには毎日でも
通いたいですねlovely

帰りはクタまでのシャトルバス(午後6時発)を予約して
あったので、3時過ぎにジェラティックをでた私達は少し時間が
余ってしまいましたcoldsweats01
せっかくなので、ウブドで一番有名な観光スポット
「モンキーフォレスト」がちょうどすぐ近くだしと足を運んでみると、
なんとビックリeye園内に入らなくてもそこら中におサルちゃんが
いるじゃないですかあsign03

Pb060531 Pb060533
Pb060532









おサルちゃん達を見ていると飽きなくてしばらくそこにいましたが
さすがに少し暑いのでまた近くのカフェで一休みすることにheart04

バリ島滞在中に忘れてはいけないのが休憩と水分補給sweat02
とにかく日本の夏とはまた少し違ったあの独特の暑さは
慣れないとなかなか辛いし、基本的にクーラーの効いている
場所はあまりないのですぐに涼むということは難しいんですwobbly
水分は前に紹介したペットボトル入れに水を入れて常に
持ち歩いているのでなんとか補給できていますが、
まろママさんやまろパパさんのためにも、少しでも涼しいところで
休憩するというのを欠かさないようにしていましたcoldsweats01

で、今回も前から気になっていたこちらのカフェへheart02
「トロピカル ビュー カフェ」はモンキーフォレスト通りにあり
少し高台のようになっている店内に一歩足を踏み入れると
そこには素晴らしい田園風景が眼前に広がっていて、
心地いいそよ風とその素晴らしい景色に
私達はすっかり魅了されてしまいましたlovely

Pb060540 Pb060541
Pb060542





私達はそれぞれに
まろ    →マンゴージュース
まろママ  →アボカドジュース
まろパパ →パイナップルジュース
を注文し、それにピサンゴレン(バナナフリッター追加flair

このバナナフリッターは、バリでピサンゴレンの素を買ってきて
日本で挑戦してみましたが、やはりバナナの種類が違うせいか
なんだかベチャッとしてあまりおいしくはできませんでしたcoldsweats02
やはりその土地のものはそこで食べないとダメですねぇsweat02

しばらくここで休憩してから、シャトルバス乗り場へ向かって
歩いていると通り沿いにとってもキレイな「はすの花畑」を
見つけましたshineさっそくまろママさんをパチリcamera

Pb060547 Pb060548






シャトルバスは予定よりも少し遅れて出発したし、おまけに
空港に先に寄ったりしたので、私達がクタに到着したのは
もう8時頃になっていましたが街中で下ろしてもらいすぐに
予定していたシーフードレストランへ。。。
お腹がペコペコだったので店頭に並べてあるロブスターなどを
注文してわくわくして待っていると、来ましたよーーーhappy02

ロブスターなんて日本で食べたらすごくお高いのでしょうけど、
写真には写っていませんがこれ以外にもナシゴレン(炒飯)や
ミーゴレン(焼きそば)なども注文して、ビールも大ビンで2本も
飲んで、もうこれ以上何も食べられないーーーって状態でも
3人で約7000円(サービス料込み)でしたcoldsweats01
バリ島滞在中では一番高価な食事になりましたが、
たまにはこういう贅沢もいい思い出ですねshine
それになんと言っても、こちらのお料理、どれをとってもみんな
ものすごーーーーく美味しかったんですlovely
ロブスターのソースにはウェイターのおじちゃん一押しの
ガーリックバターソースを選んだんですがこのソース最高upgood

Pb050461 Pb060549
Pb060551




バリ島旅行記2日目☆(前半)

今回のツアーでは、特典として、2日目に車チャーター4時間分を
無料で利用できることになっていたので、私達はそれを利用して
今日は「ウブド」へ行きますcardashdashdash

ウブド」は私達の滞在しているクタ地区(海岸エリア)から
1時間ほど内陸に入っていったところにある地区で、
海ではなく山を楽しみたい人達やおしゃれなコテージで静かに
過ごしたい人達にとても人気がありますheart04
ここには大きな市場もあるし、通り沿いのお店もちょっとおしゃれな
感じのお店が多く、クタ地区とはまたちょっと違う雰囲気を
味わいたい人にはおすすめですよflair

しかもウブドへ向かう道中には、バリ舞踊を見学できるところや
様々な集落(木彫りの村、バティック布の村、銀細工の村など)、
ライステラスなどの観光スポットがあるため、車をチャーターして
ひと回りするのにちょうどいい感じなんですよねlovely

という訳で、私達も4時間のチャーターをフル活用するべく
時間を計算して、バリ舞踊だけ見学することにしましたhappy02
朝9時半から毎日やっている「バロンダンス」は
バリ舞踊の中でもかなり代表的なものですが、ストーリー仕立て
になっていてあらかじめストーリーを書いた紙(日本語版)を
もらえるので、初心者のまろパパさんにもわかりやすかった
みたいですlovely(約1時間のダンス鑑賞)

Pb060474 Pb060480
Pb060493





バロンダンスを観終わり、いよいよウブドへ。。。cardashdashdash
車内では、バリ島出身のサダさんがバリ島の様々な習慣や
バリヒンズー教の儀式のことなどをいろいろと教えてくれましたflair
あまり宗教色の濃くない日本人にはとても信じられませんが、
バリ島の人々の信仰心はとても純粋でまじめそのものbearing
毎朝毎朝新しいお供え物を飾り、1日3回のお祈りも欠かさず、
様々な行事や祭りごとにたくさんのお金を費やし、
それこそ宗教とともに生きているといった感じでしたshine

バリの人達は幼い頃にほぼ全員がバリ舞踊や「ガムラン」の
クラスに通い、その中でも優れている人や好きな人達が
その世界に残ってやっていくとのこと。
ちなみに「ガムラン」とはインドネシアの各地で発達している
伝統的な器楽合奏音楽の総称で、その独特の音階や音色は
とても不思議な感じで癒し効果抜群lovely
まろパパさんもすっかりその音色に魅了されてしまい、結局、
帰りの空港でガムランのCDを購入してしまいましたhappy02

そうこうしてるうちにウブド市場に到着sign03
サダさんと運転手さんとはここでお別れして、
私達はウブド市場の内部へ。。。

まろとまろママさんは何度も来た事があるのでよーーーく
知っていますが、こういう個人のお店で買い物するときは
値段交渉必須なので、典型的な関東人の私達にはちょっと
苦手意識がありますwobblyみんなものすごく積極的だしねcoldsweats01

Pb060496 Pb060500
Pb060502





ということで、ウブド市場では買い物はしないことにして
ランチを食べることにしましたrestaurant

今日のランチはウブドで一番有名なバビグリン(豚の丸焼き)
のお店で食べることに決めていたので、歩いてすぐのお店へdash

Pb060507 Pb060508
Pb060509








看板にちゃんと豚の絵が描いてあるからわかりやすいsign03
サダさんの話によると、このバビグリンこそが正真正銘
バリ島の名物料理なんだそうです。
インドネシアという国そのものが実は17000以上の島々の
集合体で成り立っているので、それぞれの島で独特の文化や
習慣、宗教、言葉、料理が発達しており、私達が普段いわゆる
インドネシア料理と呼んでいる料理が必ずしもここバリ島で
食べられているとは限らないんですねぇ~sweat02
ものすごい暑さの中、豚の丸焼きを食べる私達ってなんだか
もうすっかりバリ人って感じですねcoldsweats01

外のテーブルで食べていると敷地内のお供え物を置く台に
ネコちゃんがやってきてなにやら食べちゃってます。
お供え物食べちゃって怒られないのかしら???

Pb060510






まろママさんが自分達のテーブルの上に乗っている果物が
さっきから気になって仕方ないというので、ウェイトレスの
女の子(英語ちょっとOKみたい)に聞いてみたところ、
これは「マンゴスチン」でしたshine
一つ食べたいと言うとその子はその場で半分に割ってくれて
中身はこんな感じになりましたflair
パッと見はライチみたいだけど食べてみた感想は「あけび」かな。
「あけび」って知ってますか?

Pb060511 Pb060512
Pb060513





後半へつづく。。。heart02



バリ島旅行記1日目☆

11月5~9日まで両親とまろの3人で
バリ島旅行に行ってきましたぁheart04
今回は、3泊5日(最後の1泊は機中泊)、
ガルーダインドネシア航空の直行便指定で行ってきましたよairplane

まろはなんと6回目、まろママさんも4回目なので
もうすっかり第二の故郷のようになっていて慣れたもんですが、
まろパパさんにとっては初めてのバリだったので、初心者さんも
ちゃんと楽しめるような予定を組むため出発前にインターネットで
いろいろ下調べして、予約できるものは全て予定して
バッチリの状態で行きましたhappy02

ガルーダインドネシア航空の成田発便は午前11時発なので
その日の午後5時半くらいにはバリ島に到着しますbleah
直行便で約7時間のフライト、時差は1時間遅れなので機内で
腕時計を現地時間に合わせ、もう準備万端ですgood

午後1時頃、まろママさんの大好きな機内食のお時間restaurant
ビーフかシーフードの選択肢がありましたが、なぜか私達は
3人ともビーフを選びました。
デザートには「ひよこ」みたいなお菓子もついていて
なかなかおいしかったなぁheart04

Pb050444 Pb050446






バリ島の国際空港「ングラライ空港」に到着し、飛行機を
降りたら案の定モワモワ~っと蒸し暑い空気が。。。wobblysweat01
空港内はエアコンが効いてるはずなのに、日本とは全く違う
気候なのですぐに汗がじわじわ出てきて、着ていた洋服を脱ぎ
キャミソール1枚になってしまいましたよcoldsweats01

Pb050449


空港内の装飾も
すごくバリ島らしいですよね~shine





お迎えの方はすぐに見つかり、一緒にワゴン車に乗り込み
途中事務所に寄ったりしながらホテルへ直行rvcardashdashdash

流暢な日本語を話す現地ガイドの「サダさん」の説明を車内で
聞いたり、ツアーの特典としてついてくる翌日の車の
チャーター(4時間分)をどういう風に利用するかなど
いろいろと計画を立てていたらすぐにホテルに到着notes

無事チェックインを終えた私達は早速部屋に案内してもらい、
それぞれに着替えを済ませお出掛け準備万端happy01
お夕飯はまろとまろママさんのお気に入りの食堂
(インドネシア語でワルンといいます)で食べるため、
ホテルのフロントでタクシー(もちろんブルーバードの!)を
呼んでもらい、いよいよクタの街中へ繰り出しま~すcardash

Pb050451

ポピーズ2の通りを歩く
まろママさんとまろパパさんheart01






ワルン「FAJAR」ではいつものお姉さん達がお出迎えhappy02
久しぶりだね~なんて話しながら早速お目当てのものを注文!
「ナシチャンプル」「チキンサテ」「ビンタンビール」などなど。。。

Pb050454 Pb050456
Pb050457 Pb050458






まろとまろママさんは一番飲みたかったアボカドジュースを
飲めてご満悦~lovely
まろパパさんは大好きなステーキをほおばっておりますhappy02


すっかり満腹になった私達はタクシーを拾うために大通りに
でましたが、そこで発見したのがこの馬車horse
前回、まろママさんと2人でバリに来たときにもこの馬車に
乗りたかったんですが、2人だとちょっと割高だったので
辞めちゃったんですよね。。。これはもう乗るしかないでしょsign03

というわけで、値段交渉ですflair
タクシーの初乗り料金が約50円なのにこちらの馬車は
なんと1000円ですってcoldsweats01いい商売ですねsweat02
ご希望なら観光がてら街中を少し回ってもいいけど?との
ことでしたが、今夜は早くホテルに帰って寝ないと明日のことも
あるので、とりあえずホテルまで送ってもらいましたhorse

Pb050462 Pb050463

Pb050467





いやぁ~でもこれが大正解だったんですよ~lovely
昼間は暑いからあまりお勧めできませんが、夜なら最高ですshine
夜風に吹かれながら馬車に揺られて私達はすっかりいい気分heart02
たしかにタクシーに比べるとかなり割高ですがそれでも日本に
比べたらかなりお安いわけだし、ぜひお試しくださいませbleah


日本は寒い( ><)

昨日の朝、無事にバリ島から帰国しました(^3^)/
携帯電話でもたくさん写真を撮ったんですが、
昨日の夕方携帯電話を機種変更してしまったので
モブログ投稿では使える写真がなくて残念です(´Д`)

明日以降デジカメの画像をつけた記事をいくつか書くつもり
なのでお楽しみに~(^ε^)-☆Chu!!

バリ島旅行の旅仕度☆

バリ島旅行の旅仕度☆
バリ島旅行の旅仕度☆
バリ島旅行の旅仕度☆
バリ島旅行の旅仕度☆

いよいよバリ旅行目前sign03
あさって5日木曜日の午前中に成田出発なので
明日まろmamaさんの家に移動することになっていますhappy01
そこで今日は、これからバリ島旅行へ行く方のために
まろ流の旅仕度を少し紹介しておきますね~flair

まず最初の写真はスーツケースに詰める前のお荷物達ですcoldsweats01
これに化粧品や洗面用具などを追加すれば完璧ですねpunch
今回は5日間のツアーなので中3日と考えて着替えは3回分、
出発当日と帰国日に着る洋服は同じにして、
それにパジャマ代わりのスポーツウェアなどを用意しましたbleah

バリ島ツアーではどんなに安いホテルでも朝食が必ず付くので、
パジャマ代わりのスポーツウェアがあればそのままの格好でも
レストランに行けてなにかと便利ですup
もちろん時間があったら海岸を少しランニングしたり、
ヨガをしたりするのも気持ちいいですよね~heart04

2枚目3枚目の写真は見ての通り、ビキニ2つ(ホテルのプールや
海には時間があれば何度でも入るので)とビーサン2つ
(ビーチやプールはもちろん町歩きにも使えるので)ですflair

それから濡れても構わないようなワンピースやサロン(布)も
バリ島では必需品ですねhappy01
ビーチやプールに行くときはビキニを下に着ておいて上から
ワンピースをはおっていけば着替えも楽チンですし、
サロンはビーチに敷いて寝そべったり、身体に巻き付けて
スカートやワンピースみたいにも使えるのでとても便利ですshine

便利と言えば最後の写真に映ってるもの何だかわかりますかぁsign02
実はこのニットの入れ物はペットボトルカバーなんですflair
バリ島滞在中はミネラルウォーターを常に持ち歩いているので、
これに水を入れて斜め掛けにしておけば手荷物も減らせて
すごく便利なんですbleah路面店でたくさん売られているので
みなさんもバリ島へ行ったらぜひお試し下さいねgood

それから最後の写真に映ってるオーストラリア国旗模様の
お財布と小銭入れhappy02
これはオーストラリアで自分へのお土産にと購入したものですが、
これが小さいのに意外としっかりしていて
バリで持ち歩くにはちょうどいい感じhappy02

バリのような物価の安い国では日本円を両替すると
ものすごい札束を渡されることになるんですwobbly
そんな札束をブランド物のお財布に入れて持ち歩くなんて
あまりにも平和ボケなので、まろはいつも小さくて安っぽい
お財布にあらかじめ取り替えていきますdollar

小銭入れは共同のお財布として一緒に旅行するみんなで
同じ金額ずつ入れるようにして、食事の支払いやタクシー代、
枕銭などに使うようにしていますyen
そうすればいちいちその都度割り勘しなくてもいいので
支払いもスムーズなんですよgood

さぁ、みなさんもバリ島へ行きたくなってきましたかぁupupup

ダーリン様が…w( ゜o゜)w

今日から11月ですね~heart04

すっかり秋も深まり、最近はとっても寒い日が続いているので
まろは温泉&紅葉狩りにでも出掛けたいところなんですが、
実はダーリン様が風邪ひいちゃいましたshock

名古屋から帰って来たおとといの夜、布団に入ったダーリン様が
突然身体の節々が痛いとか言い出して。。。
風邪ひいたんじゃない?なんて言ってたら、案の定coldsweats01

昨日の夜熱を計ったら37.1℃だったから様子をみたけど
今日仕事から帰って来たらさらに熱が上がってて37.6℃にwobbly

まろもダーリン様も基本的にあまり風邪をひかないから
熱が出るなんてホントにめずらしいことなんですが、
名古屋では人の集まるところによく行ってたし、
おまけにダーリン様はアホみたいに連日連夜飲んでばかり
だったから、免疫力が落ちてたんじゃないかなぁsad

その証拠に、ほとんど一緒に行動してたけどお酒は全く
飲まなかったまろは元気そのものなんですhappy02
本当だったら義理の実家に5日間も滞在してたんだから
まろの方がストレスでダウンしてもおかしくないんですけどねbleah

こういう時期なので、インフルエンザだったら面倒だから
本当は病院に連れていきたいんですが、ダーリン様はホントに
病院嫌いなんですよねぇ~coldsweats01
というわけで、当たり前のように
「仕事が忙しいから無理。大丈夫、大丈夫」って言ってたsweat02

まろは2年ほど前にインフルエンザにかかってるから
もしインフルエンザだとしても多分うつらないと思うけど、
今度の木曜日からいよいよ待ちに待ったバリ島旅行だし
今だけはちょっと過剰に反応しちゃいますねsweat01
ダーリン様、お願いだからうつさないでねーーーdespair

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ仲間

無料ブログはココログ