« トウシューズデビュー☆ | トップページ | 那須旅行へ。。。 »

トウシューズレッスン(初日)を終えて

いやはや、参りましたーーーwobblysweat01ものすごい筋肉痛shock

昨日はまろの人生初のトウシューズレッスンの日だったんですが、
なにしろ全てが初めてのことなので、まずはトウシューズを
履くこと
から始まりますflair

前日、シューズにリボンをつけるために自分でも何度か
履いてみましたし、7月の発表会のときに使った舞台用の
バレエシューズにも飾り用のリボンをつけていたので
そのときにリボンの結び方を教わったりしていたので
履くことはそれなりにスムーズにできたんですが。。。。

いざ、実際にトウシューズを履いた状態で柔軟をやったり、
バーにつかまりながら立ったり歩いたりしてみるとあちこち
気になる部分がでてきてしまい、とくに右足のかかと部分が
少しゆるいみたいですぐに脱げてしまうので、結局そのたびに
何度もシューズを履き直したりして、レッスン最初の部分を
ほとんどを費やしてしまいましたbearing

ようやく自分なりにシューズと折り合いがついたので、
先生からいろいろとアドバイスを受けて、バーにつかまりながら
様々な形をやってみたんですが、これが思っていた以上に
ものすごーーーーーーーく大変でビックリですwobbly

ここからは少々バレエの専門用語(フランス語)が出てきますが
それ以外に説明のしようがないのですみませんsweat02
興味のある方はバレエ用語辞典を参考にしてみてくださいねshine

ポワント(つま先立ち)で立つときは普通のバレエシューズで
やるよりもかなり高い位置で立ち上がらなくてはならないので
いつもよりもさらに上半身の引き上げが必要になりましたcoldsweats02

それから、ポワントで立つと身体全体の姿勢が少々前のめりの
バランスに変わるので、それを引き戻して真っすぐに立つために
腹筋や背筋などの筋力が必要になります。

エシャペ(2番5番と足を開いたり閉じたりする動き)をするときに
2番ポジションでポワントになると、今までのバレエシューズの
ときとは全く違うところに重心を置かなければいけないことが
よくわかりました。足の甲の部分を出すというか。。。

とにかく、何から何まで初めてのこと尽くしで試行錯誤bearing

「次は、両手でバーに軽くつかまりながらポワントで横方向に
移動してみて」と言われて実際にやってみるとこれは意外と簡単に
スムーズに進むことが出来ました。
もちろんバランスが難しいので慌てずにそろそろそろ~っという
感じでしか進めませんが、それだけでも大満足heart02

そしたら先生が、「あらっ?!もしかしてバーから手を離しても
全然大丈夫なんじゃない?手を離してやってみて」なんて言われ、
確かにやっているまろ自身もそれなりにバランスが取れてるし
もしかしたらできるかもと思っていたので思い切ってやってみたら
なんと普通にできちゃいました~shine
腕を上と横に上げてポーズを決め、トトトトトトトトトトトトトトトトって
進めたときにはもう感動しちゃいましたよ~lovely

クラスメイトからも「初めてのレッスンでバーにつかまらないで
歩けるなんてすごーーーーい!」などとお褒めの言葉をいただき
すっかりルンルン気分でしたが、他のクラスメイト達はもっとずっと
高度なことをやっているので少しでも早くそれに追いつきたいと
いう気持ちが強くなったことは言うまでもありませんねcoldsweats01

という訳で、人生初のトウシューズレッスンは足がつることもなく
無事に終わりましたが、レッスンが終わった直後から早速もう
筋肉がパンパンになっていました。
おまけに身体がだるくて仕方ないって感じcoldsweats02
ある程度想像はしていましたが、やはり、バレエシューズでの
レッスンに比べるとかなり体力が必要になりました。
おまけに翌日の筋肉痛もハンパなくて、今日はほとんどまともには
動けないような感じでした。。。いたたたたweep

去年の春にバレリーナを引退され、衝撃のヌード写真集を出された
ことでも有名な草刈民代さんがちょうど今日の「徹子の部屋」に
出演されていましたが、彼女の体脂肪率は、30代の頃で17%、
40代になってからでも18%くらいだったそうです。
もちろんプロですから当たり前なんでしょうが、その作り上げられた
筋肉のすごさには驚かされてしまいますhappy02

大人からバレエを始めたまろはあそこまでは無理としても、
でもバレエのお陰で最近ちょっと体つきが変わってきたのは
実感しています。(体重、体脂肪も減ったしねnote

バレエというと細い人とか体が柔らかい人っていうイメージが
ありますが、実はそのようなものは全くのイメージでしかなくて
実際には首を真っすぐに長く伸ばしたり、肩を落とした状態を保つ
独特なスポーツで、これこそが他にはない特徴なんだそうです。

そしてこのバレエ独特の形はバレエのルーツに深い関わりがあり
(実はイタリアルネッサンス期の貴族の舞踏会が起源とかflair
そのころの貴族の女性はバレエを習うことで貴族的な身のこなしを
身に着けようとしていたとか。。。。

確かにバレエを踊っているときは首を長く伸ばして肩を下げ、
手や足を先の方までできるだけ長く伸ばすようにと先生からよく
注意を受けますし、バレエを踊っていると貴族的な優雅な気分に
なれるという点で女性にはもってこいの習い事かもしれませんねlovely

とはいえ、優雅なバレエとはまだまだほど遠い感じのまろ。
これからもまたレッスンの中での発見や何か気づいたことが
あったら記事にアップしていきますので、よかったらお付き合い
下さいませ。。。☆

« トウシューズデビュー☆ | トップページ | 那須旅行へ。。。 »

バレエ関連」カテゴリの記事

コメント

にゃひみきさんへ

ありがとうございま~すheart02
トウシューズとバレエシューズには大きな違いがあるから
バレエレッスンを始めてもすぐには履かせてもらえないんだよね。
その分、先生から許可が下りたときはものすごく嬉しいし
自分でも頑張ろうって気持ちがすごく強いのhappy02
ま、これからは毎週ハードな練習が待ち受けてるけど
他のクラスメイトからも練習を重ねれば確実に上達するよって
励ましの言葉を頂いてるので、まろは頑張るわよpunch

ところで先日にゃひみきさんが見かけたというその外国人の
女の子はやっぱりモデルさんか何かなのかしらね。。。
ほっそりした首がすっと真っすぐに伸びて肩が下がっている人が
ホントに羨ましいわ~lovely
ちなみににゃひみきさんも首周りがすっきりしているよねflair
やっぱりヨガを続けているからなのかしら???

まろさんこんばんは~!
トウシューズデビューおめでとうございますshine
トウシューズとバレエシューズの間にそんなにも違いがあるとは知りませんでした。
バレリーナの動きは優雅で全然大変そうに見えないもんねーeye
でもあのしなやかさは鍛えられた体があってこそなんだね。

先日目の前を歩く外人の女の子の歩き姿が美しいのでどこが違うのか気をつけてみてみました。
背筋も伸びているのはもちろんのこと、肩が下がっていて首が長く見えるのー。
まろさんもバレエの先生に言われているように、首・手足を長く伸ばすのはポイントなのね!
にゃひみきも心がけたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226390/36525653

この記事へのトラックバック一覧です: トウシューズレッスン(初日)を終えて:

« トウシューズデビュー☆ | トップページ | 那須旅行へ。。。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ仲間

無料ブログはココログ